So-net無料ブログ作成
検索選択
ガシャポン ブログトップ

DS関係のアイテム増えた? [ガシャポン]

玩具売り場などへ行くと置いてあるガチャガチャの機械。

昔は、街の文房具屋さんとか玩具屋さんの前に3,4台位が置かれていて、景品はスーパーボールとか、キャラクターの形をした消しゴム(←本当に消せた例はないないが)とかが多かった。

自分が子供の頃だと、ビックリマン(ロッテ)が流行っていたので、ビックリマンシール(ロッチ)なんかも、アイテムとして多かったっけな。

↑超偽物なんだけど……(^^;)

 

最近のガチャガチャは、スーパーやデパートの玩具売り場だけではなく、比較的デッドスポット的な通路に、何十台も並べられていたりする。

アイテムも、月並みなキャラクター系グッズから、アロハ調のアクセサリー、キーライト、天然石……と、既に子供がこぞって回す、というよりは大人をターゲットにしているとしか思えない景品が増えてきた。

秋葉原にはガチャガチャのマシンだけを店内に並べた専門店舗もあったりで、景品の種類を眺めているだけでため息が出てくる。

大人がガチャガチャの前に座り込んで回してる姿なんて、数年前までは「恥ずかしい」とか「大人気ない」と言われていた気がするのは自分だけだろうか?


まぁ、それはさておき、「おいでよ どうぶつの森」も冬の劇場映画公開が関係しているのか、ミニフィギュアやキーチェンみたいなアイテムをガチャガチャで見かけることが多くなった。

「おいでよ どうぶつの森」に限らず、ニンテンドーDS関係のアイテムも結構ある。

 

先日、イトーヨーカ堂(セブンアイ)へ、「おい森」の追加データを受け取ろうと出向いた際、玩具売り場周辺に設置されたガチャガチャの中に、「NEW SUPER MARIO BROTHERS(DS版 スーパーマリオブラザーズ)」のアイテムをみつけた。

   

ガチャガチャのポップだと一目瞭然だが、要は「DS用のタッチペン」

200円で1回、どれが出てくるかわからないが、取り合えず回してみた。(^0^)

 

カプセルから取り出した状態だと、タッチペンが半分に分かれた感じ。

組み立てた後の長さは、DS付属のタッチペンより若干長く、太さがあるので、そこそこに使いやすいと自分は思った。

タッチペンに付属のキャップにストラップ紐がついているので、DSやケースなどに取り付けておけば、ペンだけを外して利用できる構成になっている。

……ただ、流石にカチン、ポチンと簡単に嵌ったのでは簡単に外れてしまうからだろう。

上下のパーツを嵌めこむのは少々、力が必要だった。

      

スーパーマリオブラザーズだけに、タッチペンのアクセントになっているのは、キノコとかハテナボックス、お星さまなど…

 

これで「おいでよ どうぶつの森」シリーズが出たら…・・是非とも回してみたい!


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム
ガシャポン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。